SCART-HDMI変換アダプタ ― その32017年06月18日 21:49

簡単に遅延を測定してみた。
画像で確認するのは大変そうなので、変換アダプターのイヤホンジャックとテレビのイヤホンジャックから出る音声での確認。
モノラルx2をステレオに変換するコネクタを利用してWindows機で録音の後、SoundEngine Freeにて左右のチャンネルの差異を確認。
今回はMSX(A1-ST)の起動音でテストした。

SCART-HDMI音声遅延(ノーマル)
テレビの画像モードがノーマルの場合、約0.2秒遅延

SCART-HDMI音声遅延(ゲーム)
テレビの画像モードがゲームの場合、約0.15秒遅延

音声のみの比較なので、あまり正確ではないだろうけど、予想通り結構な遅延が発生している模様。
アクションゲームやシューティングやるのは結構大変かも。

スーパーマリオは結構死にまくる…

6/24 キャプチャ画像追加

コメント

_ にが ― 2017年06月21日 01:53

こんにちは。私もサンコーレアモノから入手してみました。SCART用のS端子/コンポジアダプタが使えるので、とりあえず改造しないでS端子で繫いでいます。この状態でXRGB-3(S端子接続)との比較になりますが、ゲームでスクロールが発生すると少しブレた感じがするのと、色ズレが発生しますね。

遅延に関しては私はMSXで遊ぶ分には気になりませんでしたが、敏感な方だと2~3フレーム(0.05秒以下)の遅延で違和感を覚えるそうで、0.15秒(10フレーム弱)だと結構大きいかも知れません。正確に測定するには、フレームカウンタを表示するソフトを使って遅延のないブラウン管と同時に表示させてみて、デジカメで撮影すると良さそうですが、手持ちにブラウン管は既になく…。

_ ゆうくん ― 2017年06月24日 19:02

にがさん、こんにちは。
>正確に測定するには、フレームカウンタを表示するソフトを使って遅延のないブラウン管と同時に表示させてみて、
>デジカメで撮影すると良さそうですが、手持ちにブラウン管は既になく…。
そうなんですよね。
こちらもブラウン管は所持していないため、できる範囲で測定してみようと音声でチェックしてみました。

このアダプタとNESRGBでRGB化したファミコンでスーパーマリオをプレイするとジャンプのタイミングが合わずクリボーに殺されまくっていますが、これが遅延の影響なのか単に手が動かなくなっているのか…

_ にが ― 2017年06月25日 00:24

音声と映像を同じタイミングで処理しているとは限らないのでなんとも言い難いですが、スーパーマリオでタイミングが合わないのでしたら結構遅延しているのではないでしょうか。

手間はかかりますが、ブラウン管がなくても正確に遅延を測定できる方法を考えてみました。

1)MSXでVSYNC割り込みで画面にフレームカウンタを表示するとともに、プリンタポートにも同じ値を出力するプログラムを作る

2)プリンタポートのbit0~5とGND間にLED(6個)を取り付けてカウンタの値を2進数バイナリとして観察できるようにする

3)プログラムを動作させてLEDとフレームカウンタ画面をデジカメで撮影して値の差を読む

_ ゆうくん ― 2017年06月26日 00:36

>手間はかかりますが、ブラウン管がなくても正確に遅延を測定できる方法を考えてみました。
なるほど!
ということで、自分なりに試してみました。

ただし、画面とLEDにうまく値を出力出来たのですが、肝心の撮影がぼけボケに…
むしろデジカメの使い方を学ぶべきか?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
答えは「MSX」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://miyako.asablo.jp/blog/2017/06/18/8600126/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。